Menu 戻る
  • 社会

台湾の学生、東京五輪の準備進む日本を訪問へ スポーツ産業への見識広める

2019/02/01 18:15
11日から訪日し、日台間のスポーツ産業に対する認識を深める台湾の学生ら

11日から訪日し、日台間のスポーツ産業に対する認識を深める台湾の学生ら

(台北 1日 中央社)2020年の東京五輪を控えた日本のスポーツ産業への理解を深めようと、日本のスポーツマネジメントに興味を持つ台湾の大学生、院生計22人が、中華経済研究院と日本の対台湾窓口機関、日本台湾交流協会が共同で実施する対日理解促進交流プログラム「JENESYS 2018」を通じて11~17日にかけて日本を訪問する。同協会は、台湾の学生による視察を通して日台間のスポーツ産業やレジャーマネジメントに対する認識が深まり、さらなる交流促進につながることに期待を示した。

同協会は、台湾はスポーツイベントの企画や選手育成、スポーツマネジメントなどの分野で日本を手本にしていると指摘。参加者は文部科学省スポーツ庁を訪問し、政策や五輪に向けた準備状況などについての説明を受けるほか、大学交流やホームステイなどを通して日本の生活にも触れる予定。

JENESYSは日本とアジア大洋州などの国・地域との間で対外発信力を持つ人材を招へい・派遣して対日理解の促進を図る日本政府のプログラムで、2015年度から毎年実施されている。これ以前にも、アジアにおける良好な対日感情の形成を目指す「21世紀東アジア青少年大交流計画」(2007~11)、東日本大震災の復興応援を目的とした「絆プロジェクト」(2012)などさまざまな交流プログラムを行っており、日台の参加者は10年間で1900人を上回っている。

(余祥/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top