Menu 戻る
  • 社会

森林調査隊の映像公開 中央山脈の秘境や巨樹群発見の喜びを記録/台湾

2019/01/01 19:31
台東林区管理処の森林調査隊が見つけた巨大なタイワンベニヒノキ=同処提供

台東林区管理処の森林調査隊が見つけた巨大なタイワンベニヒノキ=同処提供

(台東 1日 中央社)林務局台東林区管理処はこのほど、同処の森林調査隊が中央山脈の山奥で撮影した記録映像を公開した。人影まばらな森林に分け入って道なき道を行く隊員の苦労や雄大な巨樹群を見つけたときの喜び、秘境の絶景などが約11分にまとめられている。同処は、映像を見た人に林業の現場や原始林の美しさについて理解を深めてもらい、森林資源を大切にする気持ちを喚起できればと期待を示している。

同処に所属する関山、知本、大武、成功の4カ所の工作站(事務所)は、毎年不定期に職員やポーター(荷物運び)からなる特別調査隊を編成して山奥の実地調査を行っている。「森之巡」と名付けられた今回の映像は、このうちの知本工作站が組織した13人の11日間にわたる調査記録。

調査隊は、タイワンベニヒノキやタイワンスギの群生地などを調べるために、南部・屏東県から東部・台東県にまたがる一帯を探訪。小鬼湖や紅鬼湖など行く先々で美しい景色を空撮したほか、海抜約2378メートルの大浦山付近では、タイワンベニヒノキの巨樹が100本以上群生しているのを発見。最も大きいものは直径約4.8メートル、幹周約15メートルで、10人が手をつないでやっと木の幹を囲めるほどだったという。

映像はインターネットの動画配信サイト、ユーチューブで公開されている。

(盧太城/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top