Menu 戻る
  • 社会

台北101の花火ショー、福原愛さん夫妻らがカウントダウン

2018/12/29 18:44
江宏傑さん(左)と福原愛さん

江宏傑さん(左)と福原愛さん

(台北 29日 中央社)台北の超高層ビル「台北101」の張学舜董事長(会長)は27日、元日恒例の花火ショーでカウントダウンを彩る各界の有名人を発表した。元中日で米大リーグ、マーリンズのチェン・ウェイン(陳偉殷)投手や、卓球選手の江宏傑さんと妻・福原愛さんなど、台湾を代表する18組がビルの外壁に設置された巨大網形状装飾「TPAD」に映し出される。

今回の花火は、360秒にわたって計1万6000発が打ち上げられる。ショーの後半ではTPADに台湾社会の多様性や寛容性を示す16カ国の言語によるあいさつ文が現れ、世界に祝福を届ける。映像にはこのほか、人気グルメの台湾風フライドチキン(鶏排)やタピオカミルクティー、ショーロンポー(小籠包)、観光名物の天灯なども登場し、台湾らしさが演出される。

張董事長は、台湾のフレンドリーさと温かさをアピールし、外国人観光客に台湾の人情味と暖かい日差し、美しい空間を楽しんでほしいと来訪を呼び掛けた。

(劉麗栄/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE
Top