Menu 戻る
  • 社会

台中市、長野県、駒ヶ根市が覚書 観光や教育で交流/台湾

2018/11/06 18:51
覚書を交わす(左から)台中市の林佳龍市長、長野県の阿部守一知事、駒ヶ根市の杉本幸治市長=台中市政府提供

覚書を交わす(左から)台中市の林佳龍市長、長野県の阿部守一知事、駒ヶ根市の杉本幸治市長=台中市政府提供

(台北 6日 中央社)台中市の林佳龍市長は4日、同市内で長野県の阿部守一知事、同県駒ヶ根市の杉本幸治市長と観光・教育交流に関する3者間の覚書に調印した。林市長は、台中市と駒ヶ根市は6年余りにわたる交流を通して友好の基盤を固めてきたと述べ、台中国際空港と松本空港を結ぶチャーター便の運航や農業、教育、文化、観光などの分野における協力に期待を示した。

阿部知事は、今後、教育分野における交流を拡大して次世代間の相互信頼を深めるほか、日本が誇る長寿県として介護人材育成や健康福祉事業の経験、知識を分かち合いたいと交流への期待を語った。長野県が現在、県営松本空港の国際化に取り組んでいることにも触れ、台中市と協力し合って両地をつなぐ国際チャーター便を実現させたいと意欲を見せた。

駒ヶ根市と台中市の交流は2012年に始まり、両地で開かれる結婚式イベントに市民が相互参加するなどして良好な友好関係を築いてきた。杉本市長は、覚書締結をきっかけに交流範囲がさらに広がり、往来人口の増加につながればと期待を示した。駒ヶ根市は、台中市内で3日に開幕した台中フローラ世界博覧会(台中花博)にも出展している。

台中市観光旅遊局の陳盛山局長によると、2015年に同市で開催された台湾ランタンフェスティバルに駒ヶ根太鼓・子ども連が参加したほか、2017年に台中市の考察団が駒ヶ根市の介護施設を訪問するなど、両市の交流は多分野に及ぶ。今年2月には台中市観光旅遊局と駒ヶ根市産業部が観光交流友好協定を締結した。

台中市は花博に合わせ、「台中宣言」(G=緑の生産、N=自然と生態、P=人の文化と生活を主軸にした新定義のGNP概念)を打ち出し、世界100自治体の参加を目指している。長野県と駒ヶ根市は今回の訪問で、台中宣言にも署名した。

(編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE
Top