Menu 戻る
  • 社会

日本人夫妻が台湾の警察に感謝 旅行中の落し物探しに協力

2017/11/04 15:04
九フンの街並み

九フンの街並み

(新北 4日 中央社)台湾旅行中にパスポートなどを紛失した日本人夫妻の届け出を受け付けた瑞芳派出所(北部・新北市)の警察官が、言葉の壁に苦労しつつも、3時間以内に落し物の場所を突き止めた。

警察によると、個人旅行で訪台した夫妻は10月27 日午後、人気観光地の九フンを訪れた際、バッグを紛失したことに気付いたという。(フン=にんべんに分)

担当の警察官は翻訳ソフトなどを使いながら、荷物にはパスポートや財布などのほか、タブレット端末が入っていることを聞き出した。

早速タブレット端末の位置情報機能を使って追跡したところ、荷物は鉄道の線路に沿って移動していることが判明。電車に置き忘れたと判断し、即刻近隣の駅で電車を待ち受け、無事に取り戻すことができた。

(王朝鈺/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE