Menu 戻る
  • 社会

台湾東部の自動車道で落石事故 日本人男性が意識不明の重体

2017/09/09 19:42
読者提供

読者提供

(花蓮 9日 中央社)台湾の中央部を東西に横断する自動車道、中部横貫公路の九曲洞(東部・花蓮県)付近で、9日午後に落石事故が発生し、日本人男性1人を含む3人が巻き込まれ、重軽傷を負った。

花蓮県消防局によると、午後2時44分ごろ、事故の通報が寄せられ現場に直行。重傷は自転車に乗っていた静岡県出身の日本人男性(35)。頭部を強く打って流血し、意識不明の状態で地元の国軍花蓮総医院に搬送された。軽傷はバイクに乗っていた母娘で、肩に擦り傷を負った娘は病院で検査を受けている。

(李先鳳/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE