Menu 戻る
  • 社会

4千年前の台湾の首都は「台東」=考古学者が指摘

2017/09/06 17:33
劉益昌氏(右から2人目)

劉益昌氏(右から2人目)

(台東 6日 中央社)成功大学考古学研究所の劉益昌所長は、4000年前の台湾の首都は東部・台東にあったとする説を提起している。台東の沿岸では5日、台湾原住民(先住民)アミ族の当時の技術を使い再現した竹のいかだによる試験航海が行われた。これに参加した劉氏は、過去4000年にわたり台湾とフィリピンの間で航海が続いていた歴史を、再現した古代舟を使って証明することは「意義がある」と語った。

近年、オーストロネシア(南島)語族の発祥地は台湾だとする説が国内外の多数の学者から指摘されている。これまでの研究によると、東南アジアで現在確認されている最古の先史時代の遺跡はルソン島にあり、台湾東部の遺跡と類似しているほか、ルソン島やベトナムの遺跡でも台湾ヒスイが見つかった。また、バタン諸島とベトナム北部で発掘された玉ケツに花蓮産のヒスイが使用されていたという研究結果もある。

劉氏は、4000年前の人は台湾ヒスイの原産地である花蓮からヒスイを台東に運び、台東の沿岸地域に位置する現在の富山や杉原に加工場を設置していたと説明。オーストロネシア語族はヒスイを約束の印として持ち、台東から東南アジアに渡ったのではないかと持論を展開した。

(盧太城/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE