Menu 戻る
  • 社会

日本産牛肉の輸入、早ければ9月にも解禁へ/台湾

2017/07/17 19:56
共同通信社提供

共同通信社提供

(台北 17日 中央社)台湾で禁止されている日本産牛肉の輸入が早ければ9月にも条件付きで解禁される見通しであることが17日、分かった。衛生福利部(衛生省)食品薬物管理署が同日、日本産牛肉および製品の輸入規定に関する草案を公開した。施行に向け、各界から意見を募る。

台湾は2001年に日本で牛海綿状脳症(BSE)の発生が確認されたのを受け、日本からの牛肉の輸入を禁止。同署によると、日本からは2007年に輸入解禁の要請があり、検討を続けていたという。

草案によれば、輸入が許可される日本産牛肉は月齢30カ月以下に限られる。また、脊髄などリスクが高い特定の部位を取り除くことなどが盛り込まれている。

日本のほか、同時にオランダやスウェーデン産の牛肉についても解禁に向け、輸入条件の草案が公開された。

(陳偉テイ/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE