Menu 戻る
  • 政治

F16戦闘機、9件目の事故 1997年から就役/台湾

2020/11/18 15:20
空軍のF16戦闘機=資料写真

空軍のF16戦闘機=資料写真

(台北中央社)空軍のF16戦闘機が1機、17日夜に花蓮基地を飛び立ってから行方不明となっている。空軍のF16戦闘機の事故は海外で起きたものも含めて9件目となった。

台湾は1992年に米国からF16戦闘機を150機購入。97年から就役を始めた。過去には98年に1件、99年に3 件、2008年、13年、18年に1件ずつ事故が起きており、16年には米国での訓練中にも1件発生。4人が殉職し、3人が行方不明となっている。機体の不具合が原因となった事故もある。

今回の事故を受け、蔡英文(さいえいぶん)総統は18日、原因の調査を指示。果たすべき責任を全うし、反省すべき点は反省するべきだとの考えを示した。

(謝佳珍/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top