Menu 戻る
  • 政治

台湾の代表、コロナ成果を紹介 相互利益創出に意欲 APEC閣僚会議

2020/11/18 12:02
APEC閣僚会議に臨む鄧政務委員=国家発展委員会提供

APEC閣僚会議に臨む鄧政務委員=国家発展委員会提供

(台北中央社)アジア太平洋経済協力会議(APEC)の閣僚会議が16日、オンラインで開かれ、行政院(内閣)の鄧振中政務委員(無任所大臣に相当)が台湾の新型コロナウイルス対応について紹介した。APEC参加国・地域を手助けすると同時に台湾の防疫業者の海外展開を支援することで相互利益を生み出したい考えを示した。

台湾からは国家発展委員会の龔明鑫主任委員(閣僚)も会議に参加した。龔氏は、情報技術産業と医療の分野における台湾の強みを生かし、理念が近い参加国・地域と共同でデジタルを活用したヘルスケアに関する取り組みを推進していくことに意欲をみせた。

(潘姿羽/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top