Menu 戻る
  • 政治

台湾の駐米代表、バイデン氏の外交顧問と通話 協力深化望む

2020/11/15 12:33
蕭美琴駐米代表=駐米代表処提供

蕭美琴駐米代表=駐米代表処提供

(ワシントン中央社)蕭美琴(しょうびきん)駐米代表(大使に相当)は13日、米民主党のバイデン前副大統領の外交顧問を務めるトニー・ブリンケン元国務副長官と電話で約15分間通話した。蕭氏は政府を代表し、大統領選で当選を確実にしたバイデン氏に祝意を伝え、米国との協力を引き続き深化させることを望む考えを示した。

蕭氏は、台米関係が共通の価値観や利益の下で固く結ばれていることに言及し、台米関係の強化については米議会や歴代政権で党派を超えて長い間支持を集めてきたと強調したという。

(江今葉/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top