Menu 戻る
  • 政治

米駆逐艦が台湾海峡を通過 今年10度目

2020/10/15 13:18
米海軍のミサイル駆逐艦「バリー」=米太平洋艦隊提供

米海軍のミサイル駆逐艦「バリー」=米太平洋艦隊提供

(ロサンゼルス中央社)米太平洋艦隊は14日、ミサイル駆逐艦「バリー」(DDG-52)が台湾時間14日に台湾海峡を通過したと報道資料で明らかにした。国防部(国防省)によれば、米軍艦が台湾海峡を通過するのは今年に入って10度目。

国防部によると、米軍艦は台湾海峡を南から北に航行した。国防部が公開している情報によれば、前回の航行はチェコのミロシュ・ビストルチル上院議長が訪台中だった8月31日。

バリーは米海軍第7艦隊所属。米太平洋艦隊は報道資料で、今回の台湾海峡通過について、国際法に基づいた定例の航行だとし、「自由で開かれたインド太平洋への米国の約束を示すもの」だと説明した。

(林宏翰/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top