Menu 戻る
  • 政治

蔡総統「外からの圧力に屈しない」=中米諸国独立199周年式典/台湾

2020/09/15 17:25
中米諸国の独立199周年を記念したレセプションに出席した蔡総統(左から2人目)

中米諸国の独立199周年を記念したレセプションに出席した蔡総統(左から2人目)

(台北中央社)蔡英文(さいえいぶん)総統は15日、中米諸国の独立199周年を記念したレセプションに出席し、中米諸国の人々が植民地統治を乗り越え、自由を勝ち取った歴史は「われわれ台湾も身を持って知っている」と述べ、「外からの圧力にわれわれは決して屈しない」と訴えた。

レセプションは台北市内のホテルで開かれ、中米諸国からはグアテマラやホンジュラス、ニカラグアの各駐台使節らが出席した。

蔡総統はあいさつで、民主主義や自由を守るため「全力で立ち向かう」と言及した上で、今後はマスクに留まらず、引き続き実力を発揮し続け、外交関係を結ぶ国々や国際社会とさまざまな形で自由を共有し、守っていくと述べた。

(温貴香/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top