Menu 戻る
  • 政治

総統府秘書長が辞職 おいの立法委員に汚職疑惑、検察が捜査/台湾

2020/08/02 16:57
蘇嘉全氏

蘇嘉全氏

(台北中央社)蘇嘉全(そかぜん)総統府秘書長は2日午後、辞意を表明した。おいの蘇震清・立法委員(国会議員)らが大規模な汚職に関わっているとして、検察が捜査している。総統府は同日午後、嘉全氏の辞職を承認したと発表。理由については「一身上の都合」としている。

嘉全氏を巡っては、野党・国民党が先月下旬、震清氏と国営事業を私的利益のために利用したと指摘。震清氏は現役の立法委員が複数絡む別の収賄の疑いで同31日から検察の捜査を受けている。

嘉全氏は2日午後、フェイスブックで辞職の意向を表明。「最近、悪意のある誹謗中傷を受けているのに加え、家族が事件に巻き込まれた影響で蔡総統に迷惑をかけた」として謝罪した。疑惑については「潔白だ」と強調している。

(編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top