Menu 戻る
  • 政治

台湾各機関、李登輝氏死去で半旗/台湾

2020/07/31 15:50
総統府の半旗

総統府の半旗

(台北中央社)総統府の蘇嘉全(そがぜん)秘書長は31日、30日に97歳で死去した李登輝(りとうき)元総統の葬儀に関する会議を開き、各機関で31日正午から、弔意を示すために半旗を掲げることを決めた。

台北市の台北賓館への献花会場設置や、火葬後に北部・新北市汐止の五指山軍人墓地内の「特勲区」に遺骨を埋葬することも決定された。会議には李氏の娘の李安妮さんや李安娜さん、李氏弁公室の王燕軍主任らも出席した。

同墓地は、勲章受章または勤務20年以上の現役・退役軍人の遺骨をまつる国軍管轄施設。「特勲区」には生前に国光勲章や青天白日勲章、その他の手本となる忠義的行為があった者が安置される。総統経験者では厳家淦(げんかかん)氏(1975年4月~78年5月在任)もこの地に眠っている。

(温貴香、王承中/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top