Menu 戻る
  • 政治

武力で中国の台湾侵攻阻止を 米下院外交委小委員長が法案提出

2020/07/30 16:42
米下院外交委員会アジア太平洋小委員会のヨーホー委員長

米下院外交委員会アジア太平洋小委員会のヨーホー委員長

(ワシントン中央社)米下院外交委員会アジア太平洋小委員会のテッド・ヨーホー委員長(共和党)は29日、中国による台湾への武力侵攻を阻止するため、米大統領に一定の武力行使権限を与えるとする「台湾侵攻防止法案」を提出した。ヨーホー氏の報道資料によれば、米大統領や米国務長官が台湾を訪問し、総統と面会することを促す内容も盛り込まれた。

法案の提出についてヨーホー氏は、台湾が侵攻の危機にさらされた場合、米国が守るという保証をより強固ではっきりとした形で示すことが目的だと説明。中国は国際社会からの非難や反対を顧みず、領土への野心を早く満たそうとしていると指摘し、米国は直ちに行動を起こすべきだと訴えた。

(江今葉/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top