Menu 戻る
  • 政治

台湾、新型コロナ特別予算に約7600億円追加 閣議決定

2020/07/23 17:56
蘇貞昌(そていしょう)行政院長。閣議で=資料写真、同院提供

蘇貞昌(そていしょう)行政院長。閣議で=資料写真、同院提供

(台北中央社)行政院院会(閣議)は23日、新型コロナウイルス対策の特別予算に2100億台湾元(約7644億円)を追加する予算案を決定した。財源は公債で全額まかなう。部会(省庁)別内訳は経済部の約1376億元(約5000億円)が最多。

追加予算案は立法院(国会)に送られる。

立法院では4月、新型コロナウイルス対策の特別予算の上限を2100億元に引き上げる特別条例改正案が可決され、感染状況に応じて2100億元を上限に特別予算を追加編成することを可能にする規定が盛り込まれた。

(顧荃/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top