Menu 戻る
  • 政治

蔡総統、釣魚台の領有権を改めて主張 一方的な行為の停止を呼び掛け/台湾

2020/06/24 14:58
蔡総統

蔡総統

(台北中央社)蔡英文総統は24日、釣魚台列島(日本名:尖閣諸島)は「中華民国の領土であり、領有権が及ぶ範囲である。これがわれわれの変わらない立場」だと述べ、領有権を改めて主張した。さらに、「各方面が一方的な行為を停止することを望む」と呼び掛けた。

総統府内見学エリアの常設展が27日から一般公開されるのに合わせて開かれた記者会見に出席した際に、報道陣の質問に対して述べた。

釣魚台列島の領有権を主張する台湾では、沖縄県石垣市議会が釣魚台列島の住所地の字名を「登野城尖閣」に変更する議案を可決したことに対して反発の声が上がっている。

(王承中、温貴香/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top