Menu 戻る
  • 政治

蔡総統、英語教育推進の方針「2030年バイリンガル国家計画」始動へ/台湾

2020/06/22 16:51
高校生たちと対談する蔡英文総統(マイクを持つ人)

高校生たちと対談する蔡英文総統(マイクを持つ人)

(台北中央社)蔡英文(さいえいぶん)総統は21日、台北市内でフォーラムに出席し、高校生と意見を交わした。多言語教育に話題が及ぶと、台湾の若者は国際社会に対して台湾がどのような国で、どのような価値や人民を有しているのか説明できなければならないとの考えを示し、「2030年バイリンガル国家計画」を始動させ、今後10年間、英語教育を推進することを誓った。

フォーラムは、高校生の提案に蔡総統が回答するという形式で実施された。高校生間の国際交流促進を政府に支援してほしいと台北市の高校生が提案すると、蔡総統は教育部(教育省)に検討してもらうと快諾し、提案した生徒たちにも計画の策定に参加してほしいと話した。

また、次の段階として「2030年バイリンガル国家計画」を始動させる方針を示し、多言語を使用する場面をいかに生徒や学生に提供するかが重要だと言及。言語教育は生活と結びついているべきだとし、英語を話すことが自然になるよう環境を整えていく姿勢を示し、「われわれが今後10年かけて取り組まなければいけないこと」と語った。

(顧セン、葉素萍/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top