Menu 戻る
  • 政治

蘇行政院長、29日に施政方針報告へ コロナ後の経済立て直し急ぐ/台湾

2020/05/27 13:12
蘇行政院長

蘇行政院長

(台北中央社)蘇貞昌行政院長(首相)は29日に台北市の立法院(国会)で施政方針報告を行う。立法院に送られた書類によれば、新型コロナウイルスの打撃を受けた労働者や産業、企業を支援する方針で、「現金給付、ローン支援、負担軽減」を掲げている。

書類では、台湾の感染対策が「台湾モデル」として世界から評価されたことに触れつつ、ウイルスの危険が完全に消えたわけではないとし、今後は感染予防に努めながら生活を送る新時代に突入するとした。

蔡英文総統が2期目の就任演説で語った国家の未来像を目標に、新型コロナがもたらしたさまざまな挑戦に立ち向かっていくと説明。経済の回復や地域の均衡ある発展などを図り、「幸福な国家」を目指す方針を示した。また、国内経済の救済、振興に加え、地域の経済連携の枠組みへの加入や外国との経済連携協定の締結に向け積極的に働き掛けていくという。

(王揚宇/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top