Menu 戻る
  • 政治

在留台湾人、日航機でロシアを出発 きょう夕にも帰国へ

2020/05/26 16:12
謝駐日代表(右)。日航機でロシアから成田空港に到着した女性(中央)らと=駐日代表処提供

謝駐日代表(右)。日航機でロシアから成田空港に到着した女性(中央)らと=駐日代表処提供

(台北、東京中央社)外交部(外務省)の欧江安報道官は26日午前の記者会見で、ロシアに在留していた台湾人94人とロシア籍配偶者2人が同日未明、日本航空機でモスクワを出発したと発表した。成田空港で乗り継ぎをし、26日夕に台湾に到着する予定。欧報道官は、外交部としてロシアや日本の関連各所の協力に感謝を示した。

ロシアで新型コロナウイルスの感染がまん延する中、帰国を希望する在留台湾人を退避させるため、駐ロシア代表処(大使館に相当)が日本航空などに協力を要請したところ、同航空がこれに応じた。

台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表(大使に相当)は26日午後、成田空港に到着した台湾人との記念写真をフェイスブックに投稿し、「日本航空にとりわけ感謝する」とつづった。

▽菅官房長官「日露台の連携協力のいい例」

日航機での台湾人退避に関し、菅義偉官房長官は26日の記者会見で、同航空の臨時便は在留日本人のロシアからの帰国を目的に運航されたもので、台湾側からの打診を受けて同乗が実現したと説明した。新型コロナウイルス対策に各国が協力して取り組む中で、今回の協力は「日本、ロシア、台湾の三者間の連携協力の一つのいい例になった」と述べた。

(陳韻聿、楊明珠/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top