Menu 戻る
  • 政治

米軍3機、台湾の東西上空を飛行=中国軍機2日連続での訓練後

2020/02/12 18:39
米空軍のB52戦略爆撃機=同軍のウェブサイトから

米空軍のB52戦略爆撃機=同軍のウェブサイトから

(台北中央社)国防部(国防省)は12日、米軍機3機が台湾海峡上空と台湾東部の空域をそれぞれ飛行したと明らかにした。米軍機が台湾の東と西を同じ日に飛行するのは異例。中国軍機が10日まで2日連続で、台湾周辺での訓練を実施していた。

同部の発表によれば、午前にMC130J特殊作戦機1機が、台湾海峡上空を北から南に飛行。これに加え、B52戦略爆撃機2機も東部空域を南下した。同部は「いずれも全行程を十分に把握している」とし、飛行している間に異常はなかったと説明した。

中国軍は9日と10日の両日に台湾周辺での飛行訓練を実施。10日には一時的に台湾海峡の中間線を越えた。米国務省はこれについて、北京が両岸(台湾と中国間の)の現状を一方的に変えようとする動きは有害だとし、威圧的な行為をやめるよう中国に呼び掛けていた。

(游凱翔/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top