Menu 戻る
  • 政治

米国務省「北京は威圧的行為やめよ」=中国軍機の台湾周辺飛行

2020/02/12 17:05
米国務省のロゴ

米国務省のロゴ

(ワシントン中央社)中国軍機が9日と10日に台湾周辺を飛行したことについて、米国務省は11日、「北京は威圧的な行為をやめ、民主的な選挙によって選ばれた台湾当局との対話を再開させよ」と呼び掛けた。

米国務省の報道官が中央社の取材に応じた。この報道官は、両岸(台湾と中国)の平和と安定は米国の深く永久的な利益につながるとした上で、両岸の双方はその重要性をよく理解するべきだと指摘。北京が現状を一方的に変えようとする動きは有害であり、地域の安定に寄与しないとの立場を示した。

中国軍機は9日と10日の2日連続で台湾周辺での訓練を実施。10日には一時的に台湾海峡の中間線を越えた。

(徐薇テイ/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top