Menu 戻る
  • 政治

台湾、中国滞在歴ある外国人の入国を禁止へ 7日から

2020/02/04 17:22
サーモグラフィーによる体温の検査が行われる桃園国際空港

サーモグラフィーによる体温の検査が行われる桃園国際空港

(台北中央社)新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、台湾は過去14日以内に中国に滞在していた外国人の入国を7日から禁止する。外交部(外務省)が4日発表した。

台湾を訪問する特別な理由があり、感染状況が深刻な中国の地域を過去14日以内に訪れていない場合には、関連書類を提出すればビザの申請が可能。居留証をすでに取得している外国人で、過去14日以内に中国での滞在歴がある人は、台湾での生活を制限され、14日間の健康管理が必要とされる。

また、中央感染症指揮センターは4日、浙江省に住む中国人の入境禁止措置の実施を発表した。5日から施行される。コミュニティーレベルでの感染が疑われる地域とされる「二級流行地区」に、同省が新たに加えられた。これにより、過去14日以内に同省を訪れた台湾人には、帰国後14日間の自宅待機が義務付けられる。

これまで広東省と、浙江省温州市が二級流行地区の対象とされていたが、温州市から浙江省全域に範囲が拡大された。同センターによれば、浙江省内の感染者は3日までで829人に上っており、発生源である湖北省の次に多い。湖北省は、感染状況が最も深刻な「一級流行地区」とされている。

(張茗喧/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top