Menu 戻る
  • 政治

文化コンテンツ扱う独立行政法人で看板除幕式 蔡総統「台流」国際化に期待

2019/11/08 19:09
蔡英文総統

蔡英文総統

(台北中央社)文化コンテンツの産業化、国際化を目指して蔡英文政権が今年新しく発足させた独立行政法人「文化内容策進院」の看板除幕式が8日、台北市内で行われた。蔡総統はあいさつで、台湾では誰もが自由に作品を創作できると強調。同院が「台流」文化を世界に広めることに期待を示した。

蔡総統は同院の使命として、政府と民間、業界をつなぐ架け橋になること▽クリエーターや文化コンテンツ制作の発展を支援し、国家レベルのプラットフォームを構築すること▽優秀な作品や人材を世界に知らしめ、台湾で文化産業を育む環境を整えること--の3つを挙げ、関係者を激励した。

同院の丁暁菁董事長(会長)によると、正式発足後は、民間投資の促進や文化産業の振興に取り組むほか、財務や契約など実務面での相談や異業種マッチングサービスなども行うという。

鄭麗君文化部長(文化相)は、同部が来年、同院と連携した5カ年計画を新たに始動させると発表。台湾の映像、音楽産業の発展を後押しする同計画に100億台湾元(約360億円)を投じるほか、政府系ファンド「国家発展基金」も同額の投資枠を設け、民間投資を呼び込むとし、台湾文化を最も将来性のあるビジネスにしたいと意気込んだ。このほか、華山文創園区(台北市)脇の駐車場を文化コンテンツ産業の拠点にするプロジェクトも来年スタートすると明かし、文化を通じた経済活性化に意欲を示した。

(鄭景ブン/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top