Menu 戻る
  • 政治

続く香港デモ 蔡総統、台湾の民主主義守る姿勢を強調

2019/08/12 14:29
英貴族院議員のピーター・トラスコット氏(左)らと面会する蔡英文総統(右)

英貴族院議員のピーター・トラスコット氏(左)らと面会する蔡英文総統(右)

(台北 12日 中央社)香港で11日に逃亡犯条例改正に抗議するデモ隊と警察が再び激しく衝突したのを受け、蔡英文総統は12日、台湾の民主主義と自由を守る姿勢を強調した。蔡総統は英貴族院議員のピーター・トラスコット氏を団長とする英国の各シンクタンクの学者らの訪問団と総統府で面会し、あいさつの中で述べた。

蔡総統は、香港から中国本土への容疑者引き渡しを可能にする逃亡犯条例改正案を巡る抗議活動が香港で続いていることに言及。台湾がかつて険しい民主主義の道を歩んできたことに触れ、香港の民主主義と自由の行く末への関心を示した上で、「台湾の民主主義と自由を必ずや守らなければならないとの信念をますます固くした。台湾を引き続き民主主義の灯台として理念が近い国と連携し、世界の民主主義の発展のために努力していく」とアピールした。

蔡総統は、英国と各分野でのパートナー関係深化を望む考えを示し、訪問団のメンバーに対し、台湾への最大限の支持を求めた。

(顧セン/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top