Menu 戻る
  • 政治

台北市と中国・上海市の都市フォーラム、来月台湾で開催予定

2018/11/27 17:11
25日未明、再選が決まり集まる支持者たちに敬礼する柯文哲台北市長

25日未明、再選が決まり集まる支持者たちに敬礼する柯文哲台北市長

(台北 27日 中央社)台北市で来月20日、同市と中国・上海市の交流を目的とした「2018台北上海都市フォーラム」(台北上海双城論壇)が開催される予定。同市政府の広報が26日、明らかにした。今年のテーマは循環経済で、公営住宅や都市再開発、ヘルスケア産業、文化、環境保護などの領域で討論会や分科会が行われる。広報担当者は、両市が良好な関係を維持し、実務的な交流を促進することで両市民の福祉につなげられるよう期待を示した。

同フォーラムは両市が2010年から毎年持ち回りで開催しているもので、これまでに30項目に及ぶ覚書が締結された。台北市は今回、応勇・上海市長を招待し、回答を待っているとした上で、対等の立場での交流を原則とし、出席者は必ず副市長以上のポストに就いている人物になると強調した。会場については調整中だとした。

同市はまた、互いに認識、理解、尊重、協力、了解し合うという5つの「相互」に基づく都市交流を目指す柯文哲市長の理念を紹介。台湾の対中政策を担当する大陸委員会も両市の交流について好意的な姿勢を示していると説明した。

(梁珮綺/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE
Top