Menu 戻る
  • 政治

台北市長選、現職の柯氏が再選 僅差で敗北の国民党候補は訴訟提起へ

2018/11/25 03:10
再選が決まりガッツポーズをする柯文哲台北市長

再選が決まりガッツポーズをする柯文哲台北市長

(台北 25日 中央社)統一地方選挙の投開票が24日行われ、台北市長選は無所属現職、柯文哲氏(59)が再選した。一方、3254票(0.23%)と僅差で敗れた野党・国民党候補の丁守中氏(64)が25日未明、「中央選挙委員会と台北市選挙委員会が結託して不正を働いたのでは」として選挙無効訴訟を起こす方針を示した。関連規定では、当選者との票差が千分の3以内の場合、敗者が裁判所に票の差し押さえや再集計を申し立てることができる。

柯氏は医師出身。2014年の前回選挙時で2大政党のシンボルカラー、緑にも青にも染まらない「白色旋風」を巻き起こして初当選を果たした。就任後、北門を中心とした市西部の都市再生計画や公営住宅の整備推進などに取り組み、昨年夏にはユニバーシアード台北大会を成功させた。前回に引き続き「政治文化の変革」を掲げ、勝利を果たした。

前回選挙で独自候補の擁立を見送り、柯氏を当選に導いた民進党。だが就任後、中国に対して歩み寄りの姿勢を示すようになった柯氏に対し、独立志向がある同党からは不満が噴出。今回は党公認候補として当時立法委員(国会議員)だった姚文智氏(52)を擁立したが、2候補に大きく水をあけられた。

(編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE
Top