Menu 戻る
  • 政治

台湾の外交部「日中関係の改善を歓迎」=安倍首相の訪中受け

2018/10/25 18:53
台湾日本関係協会の謝柏輝副秘書長

台湾日本関係協会の謝柏輝副秘書長

(台北 25日 中央社)安倍晋三首相の中国訪問を受け、台湾の対日窓口機関、台湾日本関係協会の謝柏輝副秘書長は25日の定例記者会見で、日中関係の改善を地域の平和、安定に寄与するものとして歓迎するとする外交部(外務省)の立場を明らかにした。日本側からは、日中関係の改善は日台関係に影響を及ぼさず、引き続き台湾との関係を強化、重視するとの立場が繰り返し伝えられているとした。

謝氏は、日本側に日中トップ会談に関する事前説明を求めたとし、台湾側が把握している内容のうち、日中が合意に達する見通しが伝えられる項目の一つ、海難捜索救助分野の協力(SAR協定)については、日台間でもすでに同様の覚書が交わされていると述べた。

また、中国が2011年の東京電力福島第1原発事故以降続けている宮城、福島など10都県産食品の輸入規制の緩和について日中双方が協議する見通しにも言及。同じく福島など5県産食品の輸入を禁止している台湾が解禁に乗り出す予定については、世界貿易機関(WTO)の規準や各国の対応、科学的データに基づき、食品安全を確保することを前提に慎重に対処すると説明した。

(侯姿瑩/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE
Top