Menu 戻る
  • 政治

蔡総統の太平洋3カ国歴訪 「堅実外交」を宣揚/台湾

2017/10/27 17:38
蔡総統の太平洋3カ国歴訪  「堅実外交」を宣揚/台湾

(台北 27日 中央社)蔡英文総統は28日から、中華民国(台湾)と外交関係のあるマーシャル諸島、ツバル、ソロモン諸島の3カ国を訪問する。外交部によると、マーシャル諸島とソロモン諸島では国会でのスピーチや医療、農畜産業における協力プロジェクト視察などが予定されており、蔡政権が掲げる「堅実外交」の理念を宣揚し、友好国が「持続可能な開発目標」を達成できるよう支援するという。

外交部によると、蔡総統はマーシャル諸島でハイネ大統領、ツバルでイタレリ総督、ソポアンガ首相、ソロモン諸島でカブイ総督、ソガバレ首相とそれぞれ面会し、両国間および国際社会の議題について意見を交す予定。

歴訪日程は7泊8日で、帰国は11月4日。往路にはハワイ、復路にはグアムを経由する。

蔡総統の太平洋諸島諸国訪問は昨年5月の就任以来初めて。

(范正祥/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE