Menu戻る
  • 政治

「独立を再度宣言する必要なし」=台湾の対中国大陸政策担当高官

2017/09/29 16:47
大陸委員会の邱垂正副主任委員

大陸委員会の邱垂正副主任委員

(台北 29日 中央社)台湾の対中国大陸政策を担当する行政院(内閣)大陸委員会の邱垂正副主任委員は28日、同委員会の定例会見で、中華民国が主権独立国家であることは疑いようのない事実だとし、「独立を再度宣言する必要はない」と述べた。台湾の立場に対する認識を巡っては、頼清徳行政院長(首相)が26日に「台湾はすでに中華民国という名の主権独立国家」などと発言し、中国大陸側の反発を招いた。

邱氏は記者会見で取材陣からの質問に対し、台湾海峡の現状を維持する政府の両岸(台湾と中国大陸)政策の立場は一貫して変化していないと説明。台湾海峡と地域の安全・平和維持に責任を負う片方として尽力していると述べた。

また、頼院長の談話の主旨は蔡英文総統の両岸政策と一致しているとし、過度に深読みしないよう求めた。

(楊昇儒/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE
Top