Menu戻る
  • 政治

台湾の電力不足解決 日本の経験を参考に=李登輝氏

2017/09/24 17:46
台湾の電力不足解決  日本の経験を参考に=李登輝氏

(台北 24日 中央社)頼清徳行政院長(首相)は24 日午前、国政について教えを乞うため、李登輝元総統(94)の台北市内の自宅を訪問した。約1時間にわたる面談を終え、手を取り合って出てきた2人は、記者団の囲み取材に応じた。頼氏によると、李氏は、台湾が経済発展の窮地を乗り切るためには、企業に投資を呼び掛けるための鍵となる電力問題を解決することが先決だとアドバイスし、日本の再生可能エネルギー発展に関する取り組みなどについて語ったという。頼氏は、「すべて貴重な経験だ」と感謝を示した。

頼氏は、李氏は台湾最初の総統直接選挙で選ばれた総統であり、台湾の民主主義を大きく進歩させただけでなく、経済も飛躍的に成長させたとして、国政運営の大先輩への尊敬の念をあらわにした。

李氏は、頼氏の台南市長時代の功績を称えるとともに、個人としても誠実で得難い人材だと称賛し、「ぜひ応援してやってほしい」と笑顔で呼び掛けた。

(呉欣紜/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE
Top