Menu 戻る
  • 政治

「台湾の国際社会参与を妨害するな」 民間団体が中国大陸に抗議

2017/09/17 19:11
「台湾の国際社会参与を妨害するな」  民間団体が中国大陸に抗議

(ニューヨーク 17日 中央社)国連総会の一般討論演説が19日ニューヨークで行われるのを前に、中国大陸が台湾の国際社会参与を妨害しているとして台湾の国連加盟推進団体「台湾加入連合国行動委員会」(CATUN)など、500人を超える人々が現地時間16日、中国大陸在ニューヨーク総領事館前で抗議を行った。一行はその後、国連本部ビルの近くにあるダグ・ハマーショルド広場までデモ行進し、台湾の国連加盟支持を訴えたり、在米台湾人音楽家らがその実現を目指して作った曲などを歌ったりして気勢を上げた。

CATUNは台湾の国連加盟を目指し、過去25年にわたってさまざまな取り組みを行ってきた。今年のデモには現地の華僑団体などの常連参加者のほか、華僑二世や留学生など若い世代の参加も見られた。CATUNのメンバーはこれについて、目的を果たすまでの道のりは長く、若者たちにバトンを渡せてよかったと述べている。

集会にはチベットの独立を支持する人々もいたという。

(黄兆平/編集:荘麗玲)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE