Menu 戻る
  • 政治

公務員給与、3%引き上げへ 内需拡大ねらう/台湾

2017/09/13 18:57
頼清徳行政院長

頼清徳行政院長

(台北 13日 中央社)頼清徳行政院長(首相)は12 日、2018年の軍人、公務員、公立学校教員の給与を3%引き上げると決定した。給与引き上げは2011年以来。民間企業の給与水準向上と内需の増加を後押しするのがねらい。

8日に行政院長に就任した頼氏は初仕事として2018年度の予算案を撤回し、再調整を進めている。林全前行政院長は今年7月、関連の経済指標と財政状況を考慮し、来年の公務員給与を改定しないことを決めていた。

財政部(財務省)によると、台湾銀行、土地銀行、中国輸出入銀行、台湾煙酒の国営企業4社も来年の給与を3%引き上げる。政府が一部の株式を保有する兆豊金融控股など6社の金融機関も3~6%昇給させる。

(顧セン、蔡怡杼/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE