Menu 戻る
  • 政治

台湾、北朝鮮の核実験を「強く非難」

2017/09/04 12:52
台湾、北朝鮮の核実験を「強く非難」

(台北 4日 中央社)外交部は3日、北朝鮮の核実験を受け、「中華民国政府は北朝鮮が6回目の核実験を実施し、地域の平和と安定を破壊した行為を強く非難する」との声明を発表した。蔡英文総統は同日、国家安全会議(安全保障会議)のハイレベル会合を開き、今後の情勢に密接に注意を払い、関係国と緊密に連携するよう特別チームに指示。引き続き国際社会と協力し、地域の安定と秩序の維持に寄与していくと述べた。

外交部は声明で、中華民国は一貫して朝鮮半島非核化の立場をとり、平和的対話による朝鮮半島問題の解決を支持してきたと説明。北朝鮮当局に対し、地域の安全を損なうあらゆる行為を即刻停止し、共同で朝鮮半島と東アジア地域の平和、安定を守っていくよう呼び掛けた。

約70分にわたって開かれた会議で蔡総統は、林全行政院長(首相)や李喜明参謀総長、章文リョウ外交部政務次長、彭勝竹国家安全局長らと対応を協議した。また、国内の安全確保のため、各部署に完全な準備を整えることを求めるよう行政院(内閣)に要請した。(リョウ=木へんに梁)

(顧セン、呂欣ケイ/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE