Menu 戻る
  • 政治

停止中の原発再稼働は「最終手段」=行政院/台湾

2017/08/28 18:36
停止中の原発再稼働は「最終手段」=行政院/台湾

(台北 28日 中央社)停止中の第1原子力発電所(新北市石門区)1号機と第2原子力発電所(同万里区)2号機について、行政院(内閣)の徐国勇報道官は28日、中央社の取材に対し、再稼働に乗り出す前にはまず電力供給維持のためのあらゆる手段を講じる必要があると述べた。世論と共通認識を達成し、安全上の懸念がないことを確認した上で再稼働するという考えで行政院の立場は一致していると説明した。

林全行政院長(首相)は27日に応じた大手紙、自由時報のインタビューで、予測可能な電力不足が生じた際には、停止中の第2原発2号機を電力供給の最終手段とする考えを示していた。

(顧セン/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE