Menu 戻る
  • 政治

台湾と日本、漁業委員会第6回会合 操業ルール見直しで意見交換

2017/03/01 13:23
台湾と日本、漁業委員会第6回会合  操業ルール見直しで意見交換

(台北 1日 中央社)外交部は1日、台湾と日本双方の窓口機関、亜東関係協会と日本台湾交流協会による台日漁業委員会第6回会合と関連会合が、1日から3日間東京で開催されると明らかにした。台日漁業取り決めの適用水域での操業ルール見直しについて意見交換を行なうとしている。

外交部は、争議を棚上げし、資源の共同利用、互恵と協力の原則の下、日本と共同で双方の漁業関係者に利益となる環境を構築したいとする中華民国政府の立場を強調している。

(顧セン/編集:齊藤啓介)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE