Menu 戻る
  • 政治

蔡英文次期総統、日本との自由貿易協定締結に意欲/台湾

2016/01/18 12:57
蔡英文次期総統、日本との自由貿易協定締結に意欲/台湾

(台北 18日 中央社)総統選挙で与党・国民党の朱立倫主席に圧勝した最大野党・民進党の蔡英文主席は17日、日本の対台湾窓口機関、交流協会の大橋光夫会長と会談した。今後は経済協力を中心とした日台関係の強化に取り組む考えを示し、自由貿易協定(FTA)の締結に意欲をみせた。

民進党の発表によると蔡主席は、継続した意思疎通と理性的な態度は外交運営の鍵になると強調。経済上の障害を取り除き、双方の関係強化を目指したいと語ったという。

また、日本側からの祝福を受けた蔡主席は、過去8年間の苦しい状態下にも日本の友人らは友好的な関係を維持してくれたと語り、政権奪還を決めて再会できることを喜んだとしている。

(葉素萍/編集:齊藤啓介)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE
Top