Menu 戻る
  • 経済

バイオ医薬の見本市が開幕 蔡総統「3兆円産業目指す」/台湾

2020/07/23 18:29
「バイオアジア台湾」の開幕式であいさつする蔡総統

「バイオアジア台湾」の開幕式であいさつする蔡総統

(台北中央社)蔡英文(さいえいぶん)総統は23日、台北市内で、バイオ医薬品・新薬開発などの国際見本市「バイオアジア台湾」(亜洲生技大会)の開幕式典に出席した。蔡氏は、台湾の新型コロナウイルス対策がバイオ産業に新たな戦略と契機をもたらし、国際的なビジネスチャンスを切り開くだろうと述べ、将来的に1兆台湾元(約3兆6000億円)産業を目指したいと意気込んだ。

蔡氏は台湾のバイオ産業について、市場規模は順調に成長しており、昨年の投資総額は551億元(約2000億円)に達したと紹介。近年のデジタル医療や精密医療の発展に伴い、今後より多くの価値が創出されることに期待を示した。また、法規制の緩和を進めるとともに、同展を通じて台湾のイノベーション力をアピールして産業の活性化を図り、国際協力を促進したいと述べた。

コロナ禍の中、予定通りに開催された同見本市。米国、英国、オーストラリア、スイスなど世界各国の製薬会社や医療品メーカー計500社・1100ブースが出展した。実物展示の他、オンライン展示会やフォーラム、マッチングイベントも実施される。南港展覧館2号館で26日まで。

(韓婷婷/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top