Menu 戻る
  • 経済

大手紙アップルデイリー、140人削減へ コロナで広告収入減/台湾

2020/06/23 14:50
台湾大手紙アップルデイリー、140人削減へ コロナで広告収入減

台湾大手紙アップルデイリー、140人削減へ コロナで広告収入減

(台北中央社)台湾大手紙アップルデイリーは22日、140人の人員削減を実施する方針を報道資料で明らかにした。新型コロナウイルスの影響で広告収入が大幅に減り、赤字が出たとしている。

削減するのは、デジタルや紙媒体の編集部に所属する65人と、営業や事務を担当する75人。今後は調査や取材、重大な社会ニュース、特集記事により力を注いでいくとの姿勢を示した。

昨年、ウェブ記事の有料化に踏み切った同紙。報道資料では有料化を始めた時点で「厳しい道になることは分かっていた」と言及。「台湾ではまだ有料化の環境が未成熟で、推進は容易ではないが引き続き努力する」とし、サービスの改善に努めるとした。

同紙は香港に本部を置くネクストデジタル(壱伝媒)グループの傘下にあり、香港の同名紙の台湾版として2003年に創刊された。

(葉冠吟、梁珮綺/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top