Menu 戻る
  • 経済

台湾株式市場、大幅下落で始まる 加権指数、一時300ポイント超下落

2020/03/09 13:18
台湾株式市場、大幅下落で始まる。加権指数、一時300ポイント超下落

台湾株式市場、大幅下落で始まる。加権指数、一時300ポイント超下落

(台北中央社)9日の台湾株式市場は下落して始まった。一時は前週末より300ポイント以上低い1万998まで下げ、1万1000を下回る場面があった。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大でダウ平均株価が下落し、台湾の株式市場も売りが広がった。正午時点では1万1000余りで推移している。

主要な電子関連株で売り注文が殺到し、半導体の受託製造、台湾積体電路製造(TSMC)は3.01%安の305.5元となり、今年の最安値を更新。電子機器を受託製造する鴻海(ホンハイ)精密工業や光学レンズの大立光電(ラーガン・プレシジョン)なども軒並み下落した。

(鍾栄峰/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top