Menu 戻る
  • 経済

チャイナエアライン、無給休暇取得を促す=従業員にメッセージ 新型コロナ

2020/03/03 14:41
チャイナエアラインの航空機操縦士や客室乗務員=資料写真

チャイナエアラインの航空機操縦士や客室乗務員=資料写真

(台北中央社)チャイナエアライン(中華航空)は2日、従業員宛てにメッセージを送信し、新型コロナウイルスの影響で業績が悪化する中、無給の特殊休暇や無給休職を可能な範囲内で自発的に申請するよう要請した。運営状況が悪化を続けた場合、「その他の対応策を打ち出す必要がある」とし、「その際は理解してほしい」と従業員に求めた。

メッセージは人事部門の署名付きで出された。2月から4月にかけての欠航便数や減収などの現状を説明した上で、2003年のSARS(重症急性呼吸器症候群)や2009年の大幅赤字など会社が過去に面した危機に触れ、「当時の路線展開や売上高の規模、従業員数、運営コストおよびカバーする様々な面は、今日の雪崩のような影響とは異なる」と理解を求めた。

同社はこれまでに、管理職の給与1割カットや有給休暇、振替休暇の取得奨励、特殊私用休暇制度や従業員全員が申請可能な無給休職制度の実施などの措置を発表している。

林佳龍交通部長(交通相)は3日、取材に対し、大手航空会社は受ける被害が最も大きいとの見方を示し、運輸業への補助金交付や各種権利金やリース料、着陸料などの減免に加え、航空会社向けの特別な支援策を打ち出すよう行政院(内閣)に提言する考えを示した。

(汪淑芬/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top