Menu 戻る
  • 経済

ヤマハ発動機、台湾Gogoroに新型電動二輪車生産を委託 映像でお披露目

2019/06/11 16:05
今年3月に発表されたGogoroの新車種=Gogoro提供

今年3月に発表されたGogoroの新車種=Gogoro提供

(台北 11日 中央社)ヤマハ発動機の台湾現地法人は10日、台湾の電動二輪車メーカー、Gogoroに生産を委託しているヤマハブランドの新型電動スクーター「EC-05」の外観を予告映像で公開した。同機種は今年8月から台湾で販売される。

ヤマハは昨年9月、Gogoroと台湾市場におけるEV(電気自動車)事業での協業に向けた検討を開始したと発表。同機種はこの協業によって開発された。Gogoroの市販車をベースにヤマハが設計し、Gogoroが生産を請け負う。バッテリー交換には台湾で1000カ所を超えるGogoro用のバッテリーステーションを活用し、利用者の利便性に配慮した。

現地法人は、同機種の発売によって台湾市場でエンジン車を含めたラインナップの拡張を図り、消費者の多様なニーズに応えていくとしている。

(張良知/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top