Menu 戻る
  • 経済

電動バイクの生産台数、過去最高に 昨年9万台超/台湾

2019/05/15 18:37
電動バイクの大群

電動バイクの大群

(台北 15日 中央社)経済部(経済省)統計処は15日、昨年の電動バイク生産台数が過去最高の9万1246台に達したと発表した。前年比81.8%増。環境意識の高まりに伴う業者の積極的な商品開発、伝統的なバイク業者の電動車市場への参入、政府の補助金や減税措置などが後押ししたとしている。

昨年のバイクの総生産量にガソリンバイクが占める割合は90.4%と依然として高かったが、2008年の99.6%と比べると9.2ポイント低下している。生産台数は前年比20.1%減だった。同処は、電動バイクの生産台数の増加に伴う減少だとの見方を示している。

同処によれば、電動バイクの生産台数は過去4年間、増加し続けている。電動バイクのナンバープレートも昨年は8万2483台分が交付され、前年比87.0%増だった。

バイク大国として知られる台湾。政府は2017年末、電気自動車や電動スクーターの普及に向けた政策を発表し、2035年にはガソリンバイクを販売禁止とする目標を掲げている。

(蔡ホウ敏/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top