Menu 戻る
  • 経済

台湾3月の輸出、前年比4.4%減 5カ月連続マイナス

2019/04/08 19:18
台湾3月の輸出、前年比4.4%減  5カ月連続マイナス

(台北 8日 中央社)財政部が8日発表した3月の貿易統計速報によると、輸出額は前年同月比4.4%減の286.8億米ドル(約3兆1952億円)だった。マイナスは5カ月連続。米国向け輸出が25.6%増の39.3億ドル(約4378億円)となり、過去最高を記録したが、中国向けは14.8%減の114.4億ドル(約1兆2744億円)、東南アジア諸国連合(ASEAN)向けは9.9%減の45.2億ドル(約5035億円)となった。

主要輸出品では、電子部品がサプライチェーンの在庫調整などの影響で13.3%減の91.4億ドル(約1兆182億円)だったほか、卑金属やその製品が7.5%減の26.0億ドル(約2896億円)、化学品が8.9%減の18.6億ドル(約2072億円)だった。一方、ICT(情報通信技術)関連・音響映像機器はクラウドサーバーやパソコン部品の国内生産力向上を背景に23.1%増加し、過去最高の35.8億ドル(約3988億円)を記録した。

輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は31.2億ドル(約3477億円)の黒字。前年同月比では48.1%減少した。

(邱柏勝/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top