Menu 戻る
  • 経済

外国籍旅行者の税還付可能な最高消費額 来年17万円に引き上げへ/台湾

2018/12/16 19:13
外国籍旅行者の税還付可能な最高消費額  来年17万円に引き上げへ/台湾

(台北 16日 中央社)台湾での購買意欲を高めようと、財政部(財務省)は海外からの旅行者を対象に、税金還付を求めることが可能な税込み消費額の上限を来年1月1日から4万8000台湾元(約17万6000円)に引き上げる。上限額は現行2万4000元(約8万8000円)の2倍となる。

海外からの訪台客は4年連続で1000万人を突破。だが、税金還付額の増加にはつながっていなかったため、訪台旅行者がより良い税金還付サービスを受けられるよう政府は法改正を行い、11月初めに公布した。

その場で税金の還付を求めるには▽中華民国の旅券所持者でない者▽中華民国での滞在日数が183日未満▽同じ日に同じ店(税金還付制度実施店舗に限る)で消費すること--が条件とされる。

同部は消費額の上限を引き上げることで訪台客の支出意欲を促すとともに、空港・港湾の税金還付受付カウンターでの待ち時間が短縮されることに期待を寄せている。

(邱柏勝、劉冠廷/編集:荘麗玲)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE
Top