Menu 戻る
  • 経済

ウェスティン台北、年末閉館 従業員303人を解雇/台湾

2018/11/03 12:03
高級ホテル、ウェスティン台北(台北威斯汀六福皇宮)

高級ホテル、ウェスティン台北(台北威斯汀六福皇宮)

(台北 3日 中央社)台北の高級ホテル「ウェスティン台北」(台北威斯汀六福皇宮)が12月31日に閉館する。営業終了に伴い、同ホテルは10月31日、大規模解雇の計画を台北市労働局に通知した。従業員303人が解雇される。

同ホテルは今年4月、貸主からテナント契約終了を通知されたことを理由に、年内いっぱいでの営業終了を発表。従業員への対応については、グループ内の別ブランドの欠員に同ホテルの従業員を充てるなどし、年末までに72人が別ブランドに配属される予定。

同ホテルは1999年に開館。2012年に現在の名称に変わった。地上15階、地下6階建てで、客室288室を擁する。

同ホテルは最終営業日前夜の12月30日の宿泊に限り、宿泊客が客室内の全ての家具や家電を無料で持ち帰れるプランを35室限定で提供する。11月1日に販売開始されると、30分で売り切れたという。

(江明晏/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE
Top