Menu 戻る
  • 経済

台湾の業者、新宿にホテル開業 東京五輪の商機に照準

2018/09/28 17:35
DoMoグループの李奇嶽執行長(CEO)

DoMoグループの李奇嶽執行長(CEO)

(東京 28日 中央社)東京で民泊を運営する台湾の業者、DoMoグループは26日、新宿区にホテル「DoMo Hotel」を開業させた。同グループの李奇嶽執行長(CEO)は、2020年の東京五輪開催を前に、観光ビジネスには大きな商機があると語り、需要の取り込みに意欲をのぞかせた。

同グループは3年前に東京での事業展開を開始。都内で民泊施設3棟を運営している。今年6月の住宅宿泊事業法(民泊新法)施行と同時に届出を行い、8月に受理された。

新たに開業した客室全12室のホテルでは、台湾のファブリックブランド「in Blooom 印花楽」とコラボレーションし、一部の客室を同ブランドの布製品で彩った。台湾文化と台湾の美しさを紹介している。

同グループは今後、北海道での展開も計画しているという。

(楊明珠/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE
Top