Menu 戻る
  • 経済

台湾株式市場、大幅下落=トルコ通貨急落の影響受け

2018/08/13 19:00
トルコ通過の急落により、大幅に下落する台湾株式市場

トルコ通過の急落により、大幅に下落する台湾株式市場

(台北 13日 中央社)13日の台湾株式市場は、加権指数の終値が前週末比234.76ポイント(2.14%)安の1万748.92となった。下落幅は今年2月6日以来の大きさ。トルコの通貨、リラが急落したことで世界各地で株安が広がり、台湾もその影響を受けた。

電子関連株や金融、伝統産業などが軒並み下落した。半導体大手の台湾積体電路製造(TSMC)や光学レンズの大立光電(ラーガン・プレシジョン)など、指数への影響が大きい時価総額上位の銘柄が大きく下げた。

一方、好決算を発表した台湾水泥(台湾セメント)が上昇し、セメント類を引き上げた。

(張建中/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE
Top