Menu戻る
  • 経済

HTC、スマホ「Pixel」開発チームなどをグーグルに売却 約1240億円/台湾

2017/09/21 12:28
HTC、スマホ「Pixel」開発チームなどをグーグルに売却  約1240億円/台湾

(台北 21日 中央社)スマートフォン大手の宏達国際電子(HTC)は21日、グーグル社のスマホ「Pixel」の開発に携わった人材とHTCが保有する携帯電話の特許をグーグルに売却すると発表した。売却金額は11億米ドル(約1237億円)。約2000人の技術者がグーグルに移籍する。売却する特許の具体的な内容については、HTC側は公表を差し控えるとした。

HTCはかねてからグーグルと協力関係にあり、2010年にはグーグルが販売するスマホ「Nexus One」の製造を担当。昨年には「Pixel」を製造した。VR(仮想現実)の分野では、グーグルが開発したVRプラットフォーム「Daydream」に対応するスタンドアロン型ヘッドセットの開発を進めている。

HTCは、今後も自社ブランドスマホの開発を進める方針を示し、次のフラッグシップ機の準備に積極的に取り掛かっている最中だと明らかにした。

HTCは9四半期連続で赤字となっており、今年8月の売上高は30億台湾元(約112億円)と単月として過去13年で最低を記録していた。

(田裕斌/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE
Top